僕は君にとってペットでしかないのかもしれない
サヤマユーカリ