【お知らせ】
現在、サイト内での画像表示に不具合が発生しています。復旧までしばらくお待ちください。

雲行きが怪しくなってきたぜ!

終末のハーレム」第2話以降が2022年1月クールに延期―“表現の精査”が必要なため

『終末のハーレム』は、LINKと宵野コタローが「少年ジャンプ+」に連載中のマンガを原作にした、とあるウイルスによって地球上の99.9%の男性が死滅した世界を舞台とする"近未来エロティックサスペンス"。そのウイルスへの抵抗力を持つ男性"ナンバーズ"の1人である主人公・怜人は、残された女性たちと人...

配信も丸ごと1月まで延びるみたいだな…

日頃よりTVアニメ『終末のハーレム』を応援いただき、誠にありがとうございます。 2021年10月8日より放送開始の『終末のハーレム』につきまして、表現の精査が必要であるため、10月15日より放送予定でした第2話以降の放送を2022年1月クールに延期させていただくことになりました。作品を楽しみに...

果たしてアニメは無事に放送されるのかにコメントする
『終末のハーレム セミカラー版』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ一覧をみる

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

 Web連載の人気お色気SF作品「終末のハーレム」のスピンオフ、というか今のところ(2巻現在)どの辺が終末なのか…… 普通のファンタジー作品にしか見えませんw ただ、さすが紙で連載してるだけあって絵やストーリーは上質です。  本家のほうは作画が女性ということもあり、ディテールに凝っていてキラキラ(むしろギラギラ)している印象の絵柄ですが、「ファンタジア」の方はもう少し落ち着いていて、デッサンがしっかりしているのでとても読みやすいです。(ざっくり乱暴な言い方をすれば男性的な絵。)  本家のほうはそれこそ成人向け業界仕込みの筆力でこれでもかとエロティシズムをぶっこんで来ますが、いかんせん全年齢向けとしてリリースしている以上、いくら細かく描きこんだところで画竜点睛を欠くというか、実用性においても中途半端であることは否めません。逆にファンタジアくらい身体の骨格や筋肉がちゃんと描写できているほうが、全年齢では強い気がします。「ToLOVEるダークネス」や「なんでここに先生が」もそうですし、エロに限らず主要な少年誌で連載されてるラブコメってみんな人体上手いですよね。  一応内容にも触れておくと、個人的に騎士のセリーヌが好みで、普通であれば主人公の幼馴染であるアウレリアに主人公を持っていかれるであろう「負けヒロイン」のオーラが濃い彼女ですが、タイトルからして「ハーレムエンド」が約束されているのでそこはひとまず安心か……
終末のハーレム ファンタジア セミカラー版
01/20(木)まで
読める!
また読みたい
フォロー