一番下のコメントへ

子どもの頃は兄が持っていて借りて読んでいました。
未だになぜなのかわかりませんが、ジャンボが肩車してよつばがセミを取ろうとした時に起きたあのジャンボの顔がツボに入って読むたびに笑っていました。
名前だけは出てくるけど、なかなか登場しないヤンダがどんなやつなのか想像してワクワクしていた時を今でも覚えています。
その後、自分で漫画を集めるようになり周りによつばと!がおもしろいよ!とおすすめしまくっています。
気づけば10体以上のダンボフィギュアと暮らし、よつばとを知らない人達にもダンボーの写真撮ってる子という認識をされるようになりました。
楽しい日も辛い日もよつばとを読んで眠りにつくと気持ちが落ち着きます。
数え切れないほど読み返して、原画展で書き込みの凄まじさを目の当たりにしてまた違う視点で見えるようになって、ジャンボの顔で涙が出るほど笑っていたあの頃の私はもういないけど、よつばととともに私も成長しているような気がします。

でも、そんなしんみりする話じゃないです。
よつば達に影響受けまくりでいつか気球見に行きたいし、キャンプもしたいし、管理釣り場で釣りがしたいし魚の塩焼き食べたいし、ビーズアクセサリーだって作りたい!!
ちなみにビーズアクセサリーは最近叶えました。
友達が遊びに来てくれたので、ビーズやりたいんだけど!と打ち明けたところ、ノリノリで大人2人童心に返ってアナログな遊びをしました。
やんだのせいで無性にバナナジュースが飲みたくなります。
まさかあれが伏線だったとはね。

お正月が読めるのは何年後になるかな。
早めがいいな。
私が30歳になるまでには読みたいな。

わたしも何度も読み返すくらいよつばと大好きです!
読んでると興味があることはなんでもやってみようかなという気持ちになりますよね。ああやって一緒に同じ目線で楽しんでくれる大人が近くにいるっていいな〜。

永遠に読んでいたい名作だと思います!

コメントする

前のクチコミ

このクチコミも読まれています

機械と人の調和は彼女を引き止めるか #完結応援
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2ヶ月前
本作に出てくる「ヒューマノイド」は、人間の生体に機械の脳が入っている、という存在。目的を設定されて生まれてきた彼女達(性的機能は無いので無性なのですが、姿が女性的なので便宜的に彼女と呼びますね)は、その目的を達成するために自律思考で行動できる存在。彼女達なりに悩み努力する様子は、ドラえもんや鉄腕アトムよりもやや陰影のある造形となっています。 芸術科特待生のヴァイオリニスト・憬と、ピアノ特化型ヒューマノイド・キリエ。二人がデュオとしてコンテストを目指す物語ですが、二人にはいつも、憬の幼馴染で元伴奏者・シオンの影が付き纏います。 シオンに執着する憬。己の目的のために憬と演奏したいキリエ。憬を想いながらも去って行ったシオン。3人ともコミュニケーションを拗らせて、苦しみを募らせる様が切ない。 心が揃わない憬とキリエはそれでも、その都度目標を定め、演奏を繰り返す。シオンを基準にしますが、シオンに近づくたび「基準」は揺らぎ、過去のものになるのが興味深い。 果たしてシオンの望みとは何なのか。二人が創り上げた演奏の先に、シオンが憬を振り返り、何を言うのか……この物語はコンクールよりも、3人が上手く言葉に出来ない「求める物」を明らかにする事が、何よりも大事なのです。
q.天上の音楽
また読みたい
フォロー
1巻を試し読み