一番下のコメントへ

空っぽでもマンガを描けるのか(描いていいのか)どうかってテーマは割と迫るものがあると思う。その解決法として別人が描いたマンガをっていうのはちょっと引っかかるけど…

背景描いてたアシが自分だったらこんなんやられたらブチ切れる!
というかこの二人はどこに着地するんだろう… 作者超えって実は超える超えない問題じゃない次元なんだけどな

あああ…だめだろ〜人の作品を自分らしくって言っちゃあ〜… 絵がめちゃくちゃうまい漫画なので話が気になってしまう

今週ガラッと雰囲気変わったな〜!!!

佐々木くんにより重い責任がドカッと乗ってきたし、ちょっとホラーぽい演出もよかった。SF路線でいってほしい

藍野さんも佐々木くんも「誰もが楽しめる漫画」を描こうとしてるんだけど、藍野さんが元々のモチベーションを失って倒れるのに対して、佐々木くんは「空っぽ」だからそれに耐えられる(かもしれない)みたいな話の構造だとしたらなかなか残酷だな…

透明っていうの印象的な言葉だった。ここまで佐々木くんがやってきた作業もいかに自分を介在させずに描けるかっていうことの追求だし。

自分も表現したいものなしでマンガ描けるわけ無いだろが〜〜〜〜と思ってたんですけど今週読んで「究極のマンガ」であれば誰が描いても同じものになるはず、みたいな問題提起は結構面白いと感じました。

「究極のマンガ」っていう結果があったとして、それを描ける(耐えれる)のはどんな人間なのかっていう話になっていくのかなと…

今週はとにかくあれだけ啖呵切っといて30週連続で負け続けてる佐々木くんが流石にヘッポコすぎるって感じだった

2巻ってもしかして描き下ろしある?話変わってたりする?

2巻ってもしかして描き下ろしある?話変わってたりする?

@名無し

まる1話分くらいエピローグありましたよ!これが実質的な最終回なんじゃなかろうかというくらい作品の印象変わりました

コメントする

このクチコミも読まれています

ジャンプ読者なりたての少年時代には刺激が強強なサスペンスだった
さいろく
さいろく
2日前
懐かしい、と思って電子書籍の立ち読みを開いてみた。 ああ、こんなだった、奥森先生の目がいつも怖かった、ハッピーエンドが全然なくて読後感が少年時代に色んな影響及ぼしてたんだろうな、と色々と思い出してきました。 主人公は表向きは医者だが、記憶を一部消したり、精神を破壊したりできる暗殺者。 能力の話も追々出てくるけどそれは置いといて、1話ごとに事件の起承転結がしっかりあり読み応えもあり、今考えたらだいぶいい作品だったんじゃないか、と感じる。当時はちょっと流行らなかったノリなのかもしれないけど、これがジャンプでやってたのだ。 キャラ設定や背景もしっかりあり、当時大好きな作品だった。 必殺仕事人の亜流とでもいえよう、ハッピーエンドが少ないけれど楽しみにジャンプ買ってたなぁ。 どうして忘れてたのか・・・( ゚д゚)ハッ!消されてたのか() かずはじめ先生という漫画家を知るのに欠かせない名作。
懐かしい、と思...
また読みたい
フォロー