CITYより まつりとえっちゃん …とはいっても基本はギャグマンガなので百合要素は全体では薄め 百合だけを目当てで読むようなマンガではない(シュールなギャグセンスも人を選ぶ) しかし巻数を増すにつれ切なさが増してくる様は圧巻 特に6巻のラストと単行本未収録の二人の過去編は必見 2つ共にかなりベタだがそれでも心を非常に激しく撃つ物がある CITYといえば(一応)主人公格の南雲とにーくらの二人も良い とある回(単行本未収録)から一気に深みが増す 巻数を増せば増すほどキャラの濃さが増して面白くなっていく 繰り返すが基本はギャグ故百合は副産物に近い それでもかなりオススメ 泣ける百合 
camera

CITYより まつりとえっちゃん …とはいっても基本はギャグマンガなので百合要素は全体では薄め 百合だけを目当てで読むようなマンガではない(シュールなギャグセンスも人を選ぶ) しかし巻数を増すにつれ切なさが増してくる様は圧巻 特に6巻のラストと単行本未収録の二人の過去編は必見 2つ共にかなりベタだがそれでも心を非常に激しく撃つ物がある CITYといえば(一応)主人公格の南雲とにーくらの二人も良い とある回(単行本未収録)から一気に深みが増す 巻数を増せば増すほどキャラの濃さが増して面白くなっていく 繰り返すが基本はギャグ故百合は副産物に近い それでもかなりオススメ 泣ける百合 

CITYより ...
@名無し

ギャグマンガでじんとくる話されるとギャップで割増分の感情が発生してしまうんですよね…
CITY読んでみよかな