投稿
コメント
わかる
は〜い!マンバを作ってる人に会ったら言っておくね😊 あと自由広場にトピックできたよ〜! 💌『#1巻応援』のクチコミ【まとめ】 https://manba.co.jp/free_spaces/22132 ⚡『#読切応援』のクチコミ【まとめ】 https://manba.co.jp/free_spaces/22136 あ、そうそう。おすすめのクチコミは、選ぶの難しいけどこれかなぁ…! 勢いのいい書き出しと冷静な解説が面白かった! https://manba.co.jp/topics/21015 自分でテーマを決めて書くのいいね…!読むの楽しみ〜!😆✨

は〜い!マンバを作ってる人に会ったら言っておくね😊 あと自由広場にトピックできたよ〜! 💌『#1巻応援』のクチコミ【まとめ】 https://manba.co.jp/free_spaces/22132 ⚡『#読切応援』のクチコミ【まとめ】 https://manba.co.jp/free_spaces/22136 あ、そうそう。おすすめのクチコミは、選ぶの難しいけどこれかなぁ…! 勢いのいい書き出しと冷静な解説が面白かった! https://manba.co.jp/topics/21015 自分でテーマを決めて書くのいいね…!読むの楽しみ〜!😆✨

@マンバ

トピックをフォローしたよ!
楽しみにしてます!

おすすめのクチコミも読んで、作品チェックしました。百合好きとしては要チェックでした。
中国の作家さんの作品とのことですが、日本の作品同様に読めるし、日本の百合が置き忘れた社会性があると感じました。おすすめありがとうねー!

ゲームやりすぎると現実と区別つかなくなりますよね。
地図の見方とか、超えられない壁の概念とか。
シミュレーションゲームばっかやっていると、効率厨(なんでも少ない行動で大きな効果を得たがる)になったりとか。

こういう趣味とか価値観を共有できるカップルっていいですね。
付き合い方もドラマチックな展開というよりは、ヲタクに恋は難しいヲタ恋に代表されるpixivpixiv系のよくあるあっさり風味な恋愛もの。
奪う奪われるとか、ドロドロした展開もなさそうです。
安心して読めます。

こういう恋愛の仕方が今風なんですかね?

なんにせよ、ゲームばっかしてて、恋人としてのレベル上がってませんが、幸せそうな二人にほっこり癒やされます。

おはやっほ〜〜!いつもアプリを使ってたくさんクチコミを書いてくれてありがとう〜〜!!すっっごく嬉しいです…!🥳 実はまだアプリからはまとめ読みする方法がないんだ😭 そこで! このあと自由広場に『#1巻応援』と『#読切応援』のクチコミをまとめたトピックを作るから、アプリから読むときはそれを活用してみてね😎✨ ちなみにウェブには『#1巻応援』と『#読切応援』のクチコミのまとめページがあるよ! 1巻▶https://manba.co.jp/topics/hashtags?hashtag=%231%E5%B7%BB%E5%BF%9C%E6%8F%B4 読切▶https://manba.co.jp/topics/hashtags?hashtag=%23%E8%AA%AD%E5%88%87%E5%BF%9C%E6%8F%B4

おはやっほ〜〜!いつもアプリを使ってたくさんクチコミを書いてくれてありがとう〜〜!!すっっごく嬉しいです…!🥳 実はまだアプリからはまとめ読みする方法がないんだ😭 そこで! このあと自由広場に『#1巻応援』と『#読切応援』のクチコミをまとめたトピックを作るから、アプリから読むときはそれを活用してみてね😎✨ ちなみにウェブには『#1巻応援』と『#読切応援』のクチコミのまとめページがあるよ! 1巻▶https://manba.co.jp/topics/hashtags?hashtag=%231%E5%B7%BB%E5%BF%9C%E6%8F%B4 読切▶https://manba.co.jp/topics/hashtags?hashtag=%23%E8%AA%AD%E5%88%87%E5%BF%9C%E6%8F%B4

@マンバ

おはやっほー!お返事ありがとう!

自由広場のトピックをチェックするね!

特に #1巻応援 は単行本の初速応援の為に書いているところもあるので、トップページで目立つようになったら嬉しいなーとか思います。良かったらご検討くださいねさいね

これからも頑張ってクチコミ書くよー!今週は姉妹百合縛り!

読みました!読んで即ビール飲みたくなりました…! おでんにビールとか新鮮な組み合わせもあって試してみたくなりました。 いろいろおいしそうなビールや料理が出てきましたが、いちばん心惹かれたのは屋台の焼きそばとビールだったりします。はやくお外で飲みたいものです…。 午前4時の白パンも読みました!優しい気持ちになりました、あとお腹空きました!

読みました!読んで即ビール飲みたくなりました…! おでんにビールとか新鮮な組み合わせもあって試してみたくなりました。 いろいろおいしそうなビールや料理が出てきましたが、いちばん心惹かれたのは屋台の焼きそばとビールだったりします。はやくお外で飲みたいものです…。 午前4時の白パンも読みました!優しい気持ちになりました、あとお腹空きました!

@野愛

焼きそばとビール、大人の夜店ですね!このご時世だと、夏祭り夏祭りも中止になりかねない勢いですからね……早く正常に戻ることを祈りたいです。

私は青島ビールと中華(作品では焼豚)が鉄板だと思いましたが、秋になったらオクトーバーフェストに行きたいですねー

午前4時の白パン、いいでしょ?最近食漫画が豊作で、お腹もすきますきますよねぇ。

魅力的なキャラクター毎のエピソードと環境の変遷を、過去と現在を巧みに絡めて物語を丁寧に紡ぎ続ける稀有な作品です。

伏線回収も素晴らしく、いくつ歳を取っても何度も読み返したくなると確信できます!

何よりシリアスとコメディーのギャップの織り交ぜ方が‥とにかく上手いです( ˙꒳​˙ )
きちんとまとめて展開を破綻させない作者さんの技量に憧れます。

私の語彙力ではこの作品の魅力を表現できませんが、皆さんへ少しでも伝われば幸いです。
コミックス待ち遠しいよ〜

単行本タイトルはシリーズ名であり、このシリーズは1987年に週刊マーガレットにて掲載された。シリーズはそれぞれ「金魚草のこころ」、「紫陽花の陰に猫はいる」、「カルミア」というサブタイトルが充てられた3話から成る。単行本には短編「月夜のつばめ」(1988年発表)も収録されている。ここでは「五番街を歩こう五番街を歩こう」シリーズについてのみ記す。
岩館作品を熱心に読めていないため見当違いかもしれないが、シリーズ3話全てに結婚という概念が登場するのが本作の特徴だ。結婚する・しない、結婚後の行き違い、別れた後が物語の要素になっている。それは直接的にあるいは形を変えて登場人物の心に陰を落としているが、物語の最後には解決をみる。この解決は風が通ったような心地よさをもたらし、どこか楽になれた気がしてくる。また、登場人物の悩む内容には読者にとってもわかりポイント(現時点でそう思っているでもよいし、もし登場人物と同じ立場だったら確かにそう思うだろうなーでも構わない)があり、それも心地よさに作用している。
五番街という地名はおそらくニューヨークの五番街(Fifth Avenue)からとったネーミング。ネタ元の街並み通り、作中の街も当時の都会的なビル街となっているが、たまに出てくる庶民的なアイテム(ちくわとか……)やあんまりかわいくない。かわいくない猫にくすりとさせられたりもする。これらの要素は突き詰めると矛盾しているように思えるが、あまり世界設定にはこだわるなということだろう。こだわらない分、物語に集中できる効果もあるかもしれない。
岩館作品に共通しているあまりにも繊細で美しい絵も大きな魅力だが、たまにあるコメディチックな表情付けや演技もほっと一息つけて良い。
前述の通り、本シリーズは結婚という概念の存在感が大きい。つまり、所謂大人の世界を描いている。それが週刊マーガレットに掲載されていたと考えると驚いてしまうが、「五番街を歩こう」~「月夜のつばめ」以降は週マでの作品掲載がないことから、岩館先生の描きたいものが変化していっていると捉えることもでき (作品世界と混同するのは良くないが、3話の終盤の台詞にそのニュアンスを感じる)、そういった意味では過渡期の作品であるかもしれない。前後の作品を読み、その変遷について考えるのもいいだろう。自分はそうしてみようと思います。

わーいこんばんは〜!! 今一番好きなご飯マンガは『ながたんと青と-いちかの料理帖-』だよ!優しい絵と、昔の暮らしが描かれているお話がとってもステキ…✨ 好きな食べ物はメンマです!

わーいこんばんは〜!! 今一番好きなご飯マンガは『ながたんと青と-いちかの料理帖-』だよ!優しい絵と、昔の暮らしが描かれているお話がとってもステキ…✨ 好きな食べ物はメンマです!

@マンバ

私も読んでみるね!
メンマ好きなのかわいい

苛烈でヒリつく素晴らしい読切…!!

駆け出しの漫画家は、友人の家族6人が家と共に全焼し、友人一人残されてしまった状況の先に何を見るのか。
ホラー漫画家としてそこから何を描き出すのか。
表現者としての葛藤と業、そして愛を描く短編。

作者さんの年齢が40歳なので、積み重ねた人生経験から来る厚みを遺憾なく発揮されているように思えます。
そして投稿作というのがまたすごいですね。

家族を火事で失ってもどこか当事者でないような友人は、必死にその事実に向き合わないようにして正気を保っている。
それはとてもリアルリアルで、やるせない。
誰のために漫画を描くのか。
友人のため、自分のデビューのため、編集に言われたから。
なんとでも言える。言えるが、主人公はすべてを背負う。
その覚悟なしには描けないからだ。

過去の読切『四十九日、飯四十九日、飯』(第1回ヤングビッグコミックスペリオールスペリオール新人賞佳作)
http://big-3.tameshiyo.me/49NICHI01SPE
こちらもやはり家族を亡くし乗り越える話だ。
この作者には、はっきりと描きたいものがあるようで、そこが大好きだ。
この実力ならきっとすぐ連載するようになるだろうから、楽しみで仕方ない。

作者名が、「玄黃武玄黃武」と「玄黄武」の両方出てくるのが気になる。旧字体の方とどっちが正式な表記なんだろう。

苛烈でヒリつく...

ドラマ始まりましたね。展開早っ。
いきなりのタイムスリップ。そしてかなり、佐野犯人を匂わせる序盤。
特にワープロ文面のインサートでミスリード狙ってる。
しかし原作ではカセットテープの録音を、映像(音声)化においてワープロという小道具に変換したのはお見事。
舞台が宮城なのは謎というか残念。自分は北海道出身で原作の北海道訛りや生活習慣などで親近感あったので。
ドラマでは東京→音臼村の往来が頻繁にある?
もしくはロケ撮影のコスト上の問題で宮城になった?

温度低めでシュールなおもしろさがじわじわくる。ニヤつく。
死んだ魚のような目がたまりません。
林くんと二階堂くんに夢中です。
もうずっとやりとり見ていたい。
人物とそれ以外のバランスが上手くて、
細かい部分もとても丁寧に描かれていて、
なんか得した気分になる。
次作も楽しみ!!