投稿
コメント
わかる
user_private
ぱにゃにゃんだー

バクマン。 カラー版バクマン。はとても好きな漫画で、何度読み返したかわかりません。夢を叶えるというテーマを二重に達成するサクセスサクセスストーリーはドラマチックでロマンチック。きっとこれからもなんども読み返すでしょう。

そんなバクマン。だけど、何度読み返しても七峰透編だけは楽しめない。いつも服部さんが亜城木のところへ七峰透のトレジャー投稿作を持ち込むあたりで「ついにきたか」と暗澹とした気持ちになる。しかもこの七峰編は二度もある。倒れるなら前のめりな不死鳥フェニックス七峰は、新井先生の「チーズおかき」連載終了・東先生の「パンチラファイト」掲載ともに蘇る。「パンチラファイト」と東先生の話自体は面白いので飛ばすわけにもいかず、途中の平子一也回を憩いになんとか読み進めていく。

ほんとに好きじゃないんですよ、七峰透編が。

しかし、バクマン。という漫画において、この七峰透というキャラクターは異色な立ち位置でもあるわけです。

銀魂 モノクロ版銀魂の担当編集大西さんがメインの回で天知(ゴリラ)の描くクソつまらない漫画「ギンタマン」を銀さんがテコ入れしていく話しがあります。その時に銀さんが解説していた週刊少年ジャンプジャンプシステムはDRAGON BALL モノクロ版ドラゴンボールを題材に「かつての敵は、次の戦いでは心強い味方になる。ただし、ヤムチャを除く」というギャグがあります。
※ヤムチャは仲間です。そういうギャグです。

七峰透はまさにこのヤムチャなんです。亜城木の前に次々と現れる強敵。剣をペンに変えて誌面で熱い火花火花を交わすライバルたち。その中でお互いに成長し認め合い強敵(とも)となっていく。そんなジャンプシステムの輪から七峰だけが取り残されている。あの岩瀬ですらライバルの輪に加わり、あの白鳥ママでさら息子の努力だけは認めてくれるようになったというのに!

七峰透がジャンプシステムの輪から外れた悲しい男だとして、なぜそんなことになってしまったのか。考えずにはいられませんでした。だってなんの意味もないのなら、ただわたしにとって面白くないだけの男ですもの。

バクマン。はダブルダブル主人公ではなく明らかにサイコサイコーが主人公です。そうでないなら、主人公度がより高いのはサイコーです。そして、この物語はサイコーの心的世界における部外者か否かとなるかが、キャラクターの描かれ方の良し悪しがだいぶ別れるように思います。

というのも、最初漫画家になるつもりなんてさらさらなかったサイコーの元に現れたシュージンは、読み返してみればなんだかスレた可愛げのないガキです。亜豆のことを「ミーハーな」とさえ言っている。これが読者な立場に立ちすぎだとしても、なんだこいつ?的なことはサイコーのモノローグとして存在しているわけで、ある程度嫌なヤツ的な見方をすることはできるはずです。

また、服部さんは最終的には亜城木の最高の理解者となる編集者ですが、初登場時はリュークみたいな表情で「よくわかんね」と言ってたりするし、最終的に親友の嫁になる三好カヤについてもシュージンとの和解前後では描かれ方にだいぶ差があります。そのほか多くの漫画家たちも最初の印象は悪く、好転していくパターンがほとんどです。(例外は平丸くらいでしょうか)

一方、七峰透は逆のプラセスを辿ります。次回作の方向性を探る亜城木に「シンジツの教室」というヒントを与え、擬探偵トラップ連載時に熱心にファンレターを送ってくれていた七峰はサイコーの心証もよく顔が見えるまでは好感度の高い男だった。しかし、亜城木の仕事場に足を踏み入れ初対面を済ますと御破綻。「有意義な学園生活に必要なソレ」を連載し出せば好感度は、読者アンケートの3話目と同じように急転直下。ひどいものです。

ですが、他面ここまでサイコーの外部に留まり続けたキャラクターもまた居はしないのです。主義主張の違い、あるいは美学の違い、そうでなければ先を行き過ぎていた男とある種の旧態依然を是とするサイコーは最後の最後まで混じり合うことなく決別という選択以外には残されていなかった。本作のラスボスは終生ライバルになるであろう新妻エイジというのが一般的な見方ではありますが、彼もまたサイコーの良き理解者として彼を鼓舞する存在として敵味方を分かつことのできない存在でもあります。であるならば、最後の最後まで外部でありつづけた七峰透という男はジャンプシステムに取り込まれることを拒み、ジャンプをはじめとした漫画家たちとも袂を分かち、絶対的な他者として孤高の敵役としての役割を担っていたのかもしれない。そんな風に考えると、彼のことがちょっとだけ好きにはやっぱりならないけれど、頑張ったなと肩を叩きたくなる。

と、ここまで書いておいて、ここまで書いたことのほとんどをひっくり返してしまうことになるのですが、七峰透もまたジャンプシステムの内部に取り込まれていることに、はたと気づきました。七峰透は、ジャンプ出禁というペナルティによって、福田組をはじめとするジャンプで切磋琢磨する強敵の輪に加わることは最後までありませんでしたし、ピンチに現れるかつての敵的な美味しい復活もありませんでした。しかしながら、七峰透は「シンジツの教室」をサイコーに残していました。七峰透は二度ならず三度もサイコーの前に姿を表していたのです。彼がほぼ自力で描きあげた最初で最後の作品「シンジツの教室」は、亜城木夢叶がそのペンネームを実現するために欠かせない最後のピースを与えてくれました。それが邪道漫画の限界であり、邪道な王道という新境地でした。つまり、七峰透は最後の最後まで救済されない外部であったのではなく、彼の漫画家としての魂だけはそうとは知られずにサイコーの世界に取り込まれて、夢の一端を担っていたんでしょうね。

ながながしく書いた割には、ちゃぶ台返し的な顛末で一番驚いているのはわたしなんですが、書いたおかげで、七峰透への印象が変わりました。よかったよかった。ということで、バクマン。には隙がなくなったので、読んでいない人は読むといいと思います。

おわり

 ずっと存在は気になっていたものの「ド違法だよ」騒動などもあり少し敬遠気味でした。いざ読んでみるといい意味で先入観が覆されて面白かったです。
 「ニーチェニーチェ先生」みたいに斜に構えて偽悪的なこと言う説教漫画なのかなと勝手に想像していたのですが、「社会人の悲哀」とか「ダメ大人の自虐」を吐く死んだ目をしたお兄さんに、共感のような同情なようなものを得るという、ハジけた感じの表紙からは想像もできないようなある意味「オッサン向け漫画」でした。
 自分で吐いた毒で自らが傷ついていく裏道お兄さんに涙を禁じえません…

 ずっと存在は...

リングで死んだ父親が果たせなかった夢の世界週刊少年チャンピオンチャンピオンを目指す堀口元気が主人公。筋書きはよくあるパターンだけど、さすが「小山ゆう小山ゆう」と思わせる内容で面白い。

あしたのジョーあしたのジョーと違い燃え尽きるを前提ではなく、元気なスポーツ漫画で、ボクシングの試合自体もルールを守った正しい打ち方でルール違反が一つもないという、青少年ボクシングマンガの鏡という感じだ

ただ主人公の堀口 元気の成長よりも、俺は堀口 元気の取り巻く環境の面白さの方が目に行く。
どのキャラも素晴らしい登場人物の中で最も好きなのは「山谷勝三」
元気のいるジムに所属していて、全くボクシングの才能がなくデビューから一回も勝てずに引退するのだが、最後の試合から引退までのシーンは何回読んでも「小山ゆう」のできないやつへの扱いは恐ろしいというのをまざまざと見せつけられる。

快活な女子高生・夏がヒップホップダンスに憧れて入部した「ダンス部」は実は社交ダンス部だった。同時にアニヲタでネクラな男子、端場くんがイジメッコのせいで社交ダンス部に入部届けを出されてしまう。正反対の2人がこのダンス部でペアを組むことになって…という感じです。とりあえずまあ青春してます。

いつもだるい感じの女部長や、そんな部長が大好きなメガネ君など、ステキな先輩たちも見ていて幸せになります。
読み終えた後は、清清しくも少し切ない気分に。

男性漫画、少女マンガ、BLと幅広く。広く描いてきたヤマシタトモコヤマシタトモコ先生ならではの部活もの漫画だと思います。

毎話ボードゲームを1つ紹介して、実際にキャラがプレイすることで「遊んでみたい欲」を駆り立てるというのも作品の特徴としてあるんだけど、長期の連載を通してたくさんのキャラクター達が登場し、それが気付いたら学年や性別を問わず、1人の例外もなくボードゲームで一緒に遊ぶ仲になっているという、その人間関係の広がりを垣間見ることができるというのが最大の魅力だと思っている。
「アニメ化したら絶対人気出るんだけど難しそうだなぁ」とずっと思ってた作品。なのでアニメ化決定は本当に嬉しいし、アニメを通してこの作品に触れる方が増えることが楽しみで仕方がない。
13巻まで読了。

主人公のワコは、同じ歳の彼氏と結婚を間近に控えた女性。
彼氏に不満はありつつも、半ば諦めとともに将来を受け入れていた中、バイト先で出会った高校生に一目ぼれし、ただならぬ関係におちいってしまう…。

理想の恋愛って何でしょう?
好きな人。好きな人と付き合う」ことが一つの理想でしょう。
「ある程度気があって、稼ぎのいい人と結婚する」、これも理想でしょう。
しかし、その2つの理想を両方追って、二股になったら…?
これはちょっと「理想」とは言えない恋愛の形でしょう。

ワコは、なりふりかまわず「理想」の恋愛を追求していきます。
その先にあるのは天国か、それとも地獄か?
恋愛の終着点、ワコと一緒にのぞいてみませんか?

蛇ヶ崎だって相当おかしいはずなんだけど、消去法的に一番まともなキャラ。このバランスが不思議だと思うし、すごいと思う。

人の心情とかを描くのに長けている水城先生だから作れた作品ですよね。野暮なことを気にせずに物語に引っ張っていってくれる

人の心情とかを描くのに長けている水城先生だから作れた作品ですよね。野暮なことを気にせずに物語に引っ張っていってくれる

@名無し

人の心情書かれるのうまいですよね
読むのやめられなくなります!
読み返すとおしゃれなチョコレートチョコレート食べたくなります

 みさお〔みさを〕【操】 [名・形動]《不変の美や気高さなどをいうのが原義》
1 自分の意志や主義・主張を貫いて、誘惑や困難に負けないこと。節操。「信徒としての―」
2 女性の貞操。「―の固い妻」
3 上品で、みやびやかなこと。また、そのさま。 「うとき人に見えば、おもてぶせにや思はむと憚り恥ぢて、―にもてつけて」〈源・帚木〉
4 常に変わらないこと。また、そのさま。 「深き山の本意(ほい)は、―になむ侍るべきを」〈源・東屋〉
  小学館 デジタル大辞泉より

恋愛。それは、いつの世にも人々に親しまれる永遠不滅のテーマです。小説、演劇、映画、ドラマ……ありと、あらゆる物語の根幹として、スパイスとして不可欠なもの。

世界最古の文学と云われる『ギルガメッシュメッシュ叙事詩』でも、愛の女神イシュタルのギルガメッシュへの愛とそれに付随する歪んだ感情が描かれています。日本の最古の歴史書『古事記古事記』においても、イザナギ・イザナミから禁断の兄妹愛を描いた一大恋愛物語愛物語「衣通姫伝説」まで、数多くの恋愛が描かれています。

近年では『恋スル古事記』という本も出されている程。最早、紫式部紫式部の『源氏物語源氏物語』を繙くまでもないでしょう。近親相姦や幼女愛は日本のみならず、古来から世界中の人類全体の業……という話は長くなるのでまた別の機会にするとしまして。

古代から現代に至るまで、人々の心を掴み続ける恋愛物語。マンガ業界においても恋愛モノは不滅のジャンルです。近年でも『ハチミツとクローバーハチミツとクローバー』、『のだめカンタービレのだめカンタービレ』、『君に届け リマスター版君に届け』、『ストロボ・エッジストロボ・エッジ』などなど、大ヒット作も枚挙に暇がありません。

そんな中、今年出版された、そしてこれからされる恋愛マンガの中でも確実に屈指と言える、されどきっと多くの人は知らないであろう作品があります。それが、この『男の操男の操』です。

「最近、オススメの恋愛モノありませんか?」
そう尋ねられたら、まずこの作品を差し出します。多分、差し出された方の顔は歪むでしょう。表紙、パッと見の印象、掲載誌、タイトル……どれをとっても恋愛マンガっぽく感じないことと思います。しかし、外見で判断するなということを私たちはフリーザ最終形態から学んでいる筈です。騙されたと思って読んでみてください。又、普通の恋愛マンガがちょっと苦手だという方にも強く推薦します。

■目に見えない大切なもの

ところで、サン=テグジュペリの『星の王子さま星の王子さま』はお好きですか?

大切なものは目に見えないんだよ
  
目にはみえないことこそ、一番大切なものがある

『星の王子さま』の中で語られるこのセリフが、私は大好きです。そして『男の操』は、正にそのことを体現した物語。そもそも、業田良家業田良家先生は常に「目に見えないけれど大切なもの」を切々と描き続けている作家です。だからこそ、私と同じようにこの『星の王子さま』のセリフが好きな方には是非とも読んでみて欲しいです。

『男の操』が描いて行くのは、恋愛を含む、広義の愛。心。そして、それらから自然と生じて来る、「操」という語の原義である所の不変の美や気高さ。形がなくても見えるもの、形がないから美しいもの、形がないから消えないもの。そうした人間として本当に大事にしなければいけないものに感じ入り、暖かい涙を流すことのできる作品なのです。何とも、堂々と口にするには少々こっ恥ずかしいテーマかもしれません。しかし、業田良家先生は、それを真っ向からどこまでも篤実に投げ掛けて来ます。

真心を人に差し上げるってことは素晴らしかことたい。本当に強か人間にしかできんことよ。

作中に登場する真っ直ぐなセリフが、真っ直ぐな想いが、真っ直ぐに胸を貫いて行きます。真心を伝えようとする人間の営みの、何と尊く美しいこと美しいことか。

瞬間と永遠は、きっと同じものでできているよ

帯でも引用されているこの名セリフ、この名ゼリフが使われる名シーンの素晴らしさを、私はどこまでも広めたいですし、分かち合いたいのです。永遠はあるよ。ここにあるよ。

■イケてないけれど、最高に格好良い男

このマンガの五五分け坊っちゃん坊っちゃんカットカットの主人公・五木みさおは、35歳の売れない演歌歌手です。妻には先立たれてしまい、娘にサクラまでして貰ってもなかなか売れない、あまりにも情けなく冴えない男。しかし、読み進めて行くと、この丸顔ででかっ鼻で太眉の主人公がとてつもなく魅力的な人物に感じられて来るのです。 イケメンが格好良いのはある意味で当たり前。そうでない人物をどうやって魅力的に見せるかは作家の腕の見せ所。それができている作品は名作が多いですし、『男の操』はそれをしっかりこなしている作品です。

亡き妻への想い。亡き妻の想い。子どもへの想い。隣人への想い。隣人の想い。社長への想い。社長の想い。友への想い。友の想い。最初はただのギャグマンガにしか見えないかもしれませんが、物語が進むにつれて徐々に明かされていくそれぞれの相互の想い合いや過去が、前半とのギャップによって強く際立って提示されて行きます。

それは、あたかも人間そのもののようでもあります。本当は辛い想いを抱えながらも表向きは笑っている。人は往々にしてそういった時があります。その笑顔は、ただ単純に楽しいから笑っているわけではない。様々な悲しみや辛みを乗り越えた上で無理をしているのかもしれないし、あるいは漸く何とか少しだけでも乗り越えたからこそ辿り着いた境地のものかもしれない。そして、この新装版の表紙ではメインとなる登場人物たちが皆笑顔で描かれていますが、それも単純な笑顔ではなく裏には実に複雑な様相があるのだ、と。この表紙は、みさおが様々な経験をして作り上げた曲「男の操」の歌詞のあまりの美しさと共に、物語の余韻として深く心地よく響き沁み渡ります。

■『男の操』は試し読むべからず

『男の操』の試し読みは敢えてオススメしません。ただ、買って下さい。このマンガは『自虐の詩自虐の詩』などと同じく、最初だけ読むとどうでも良いギャグマンガにしか見えない恐れがあるからです。しかしながら、試し読みを読んで「あ、いいや」となってしまうのはあまりにも勿体ない傑作。私と業田良家先生を信じて、敢えて試し読みは読まずに買って、一冊最後まで読み切って頂きたいのです。そうすれば、きっと伝わる筈です。

ショコラティエショコラティエ周りの恋愛なんだ。愛なんだけれどもチョコレートチョコレートの知識も入ってきて面白い。失恋すれば失恋したその気持ちを乗せてチョコを作る。叶わない恋をすれば言葉には直接出さないけれどもチョコレートケーキにメッセージを乗せて作る。
料理人としてはブレブレですが、漫画として面白いなーと思います!
この時期チョコ売り場でチョコ買う女性と売る店員もどんな気持ちなのかなと想像が膨らみます〜
爽太もオリヴィエもイケメンなのでこういう人が作ったチョコ、食べてみたいですね〜

ショコラティエ...

単なる不倫マンガかと思いきや超サスペンスだった。めっちゃ面白い。

流産をきっかけに仲が冷めていた夫婦。夫は新聞配達のバイトの女(17歳)と不倫して妊娠中絶させる。奇しくも妻に不倫がバレたことで夫婦の関係は回復し子供を授かる。しかし本気で惚れていた女が錯乱して、包丁を持って夫婦の家に襲いに来た!ようやく出来た子供を守るため夫婦は女を殺す…!そして二人の殺人共同生活が始まった。

ここからまた怒涛の展開。妊娠中絶をネタに脅迫してきた女の彼氏に殺人を勘づかれた為、男を気絶させ自宅に監禁することに…!この展開は想像してなかった!

今まで手に取らずにいたのが悔しくなりました。

さえない中年サラリーマン左江内はある日、スーパーマンパーマンになれるスーツを譲り受ける。スーパーマンスーツを譲り受けられる条件は、最大公約数的常識家、大それたことができない小心者、パッとしないの3つ。この段階ですでに等身大すぎるが、左江内が解決する事件もだいたい一般人の殴り合いで事件すらも等身大。

事件の解決を通して、事件が起こる度に私生活私生活を乱されて、普通の生活の大切さに気づいたり、スーパーマンの能力をささやかな幸せに使ったりしていてとてもいい。教育ママに学歴が全てじゃないと言いたかったんだけど言い返せなくて、子供を背中に乗せてあげた話が1番好きだった

面白い名前、かっこいい名前、語呂がいい、掛詞なんでもOK。好きな漫画の登場人物名を教えて!

自分的にはさよなら絶望先生さよなら絶望先生の日塔奈美。なんか絶妙なバランス感と人並みっていう個性を表してる名前なとこが好き

3話完結のスピーディーな展開で、ほぼほぼ満足なエンディングだった。
最後まで『定時』にこだわるヒロインのアイデンティティもよかったし、学生みたいなデートを求めるところもかわいい。

なにより、仕事をテキパキこなして定時に帰り、外食して経済を回すという理想的なライフスタイル、ワークライフバランスを提案してくれたことが素晴らしい。

とはいえ、女性社員=あくまで男性のサポートというポジションから抜け出せなかったことは残念というか、この作品に(または今の時代に)そこまで求めるのが酷なのかもしれない。

まったくやる気のない腰かけOLが、アグレッシブな若手イケメン営業マンのサポートに抜擢されて、少しずつ人生への情熱を取り戻していく話。

やる気のないコネ入社ヒロインの態度が、デフォルメされているとはいえ腹立たしいことこの上ない。
それに比べてヒーロー。ヒーローは、暑苦しいけどいいやつ。

(しかしサラリーマンが定時で帰ることに対しては、むしろ肯定的に描いた方が、社会のためにはなるような気がする……)