投稿
コメント
わかる

ファイアパンチファイアパンチで漫画好きの度肝を抜いた藤本先生の描く少年マンガ。悪魔を狩るという王道のストーリーに対し、とにかくキャラクターみんなの頭のネジが外れているのがよい。魅力的なキャラクターたちも、誰も長生きできなさそうなのがつらい。悪魔のデザインや能力が中二心をくすぐる。幽霊の悪魔のデザインがめちゃくちゃ好き。アキくん……

「私はかつて、実の弟を誘拐した。」というインパクトのある帯の文句が目につく作品。言ってしまうと"禁断の恋愛"を描いている作品ではあるのだが、"禁断"だからこそ"姉"と"弟"それぞれの内心の吐露が真に迫る。姉は弟を思うためか罪悪感からなのか弟を遠ざけようとするし、弟は真っ直ぐに姉を求めるているようで記憶の中の姉と再会した姉との間で悩み苦しんでいる。でもひとたび出会ってしまうと行動が思考を上回ってしまう。いろいろな思考が巡りながら、"人が人を愛することのどうしようもなさ"を見せつけられているような気がする。

そしてこの作品で特筆すべきなのは、主人公が"姉と弟の2人姉弟"ではないということである。姉である日向子と弟の夏樹、そして夏樹の"双子の妹"の瑞樹。禁断の恋愛ともなれば周囲からの批判の目に晒されるという展開も往々にしてあるが、その目が他でもない身内、しかも親ではなく同胞の中にいるという息苦しさ。夏樹と瑞樹、そして他でもない日向子本人、果たして日向子は誰の目に「わるいあねわるいあね」として映っているのか。

1巻まで読了

今作にも再録されている「不快な読み物」の一部「街」を読んで鮮烈な衝撃を受けたまま10年近く、そこから派生して多くのかけがえない出会いを経て
清野さん、あなたがいなければ私はどれだけつまらない人生を送っていただろう?と本気で思って生きています。

世間的には清野とおる清野とおるはエッセイ漫画家としての認知が高いと思われますが、私の中では不条理創作漫画の人なので
令和の時代に氏の短編集を新刊で読める日が来るなんて感無量です。私がまあどうせいつか死んだらコミックスを棺に入れてほしいので、どうぞよろしくお願いいたします。

騙されたと思って読んでみてください。
100人読んだら99人が騙されたと、「これの何に心を動かされたの!?」ときっと思うことでしょう。そうではないひとりに、あなたがなるんですよ。そう、私のようにね

いずれにしても唯一無二の感情をお約束します。
おすすめです。

頭がおかしくなりそうな短編集で、笑いをこらえるのに必死だった。掲載されなかった(できなかった?)お蔵入りのマンガも読んでみたい。清野さんの絵が嫌いじゃなく、とんがった漫画を読みたい人におすすめ。

ひどいですね。たまにはいつもと全然違うやつ読んでみようとして振り切っちゃった…。絵はうまいと思うのでもったいないと思ってしまったけど、小・中学生男子には人気あるだろうなぁ~このセンス。

妻に離婚を切り出された中年が久しぶりの風俗でスッキリしようと思っていたら、ひょんなことから高校時代(80年代)にタイムスリップしてしまった…という話。

いじめられていたとかではないが思い残すことの多かった高校時代を、ある種中年の吹っ切れによってちょっと楽しくやり直している。その中でも、のちに結婚することになる妻と、あとはクラスの美人な女の子の間で少し恋心が揺れていたりする。
人生をやり直し、恋もするっていうタイムスリップものの王道ストーリーながら
80年代ならではの文化とか空気感がいい味付けをしている。最終的にはきっと現在に戻ったりするんだろうけど、その糸口もまだ見えないし、とりあえず恋の行方を見守りたい、第一巻だった。

最強の男は誰か、最強の格闘技は何か、を追求するなら
個々人の資質やセンスや体格や体力や修練度を
最高レベルで均一化したうえで、
打・投・極の全てをいかんなく発揮できるルールを作り、
身分や立場や金銭的なメリットデメリットなどのしがらみを
無くして平均化して、
多数が同時に心身ともにベストコンディションで
戦える場に選手一同を終結さけなければならない。
そんなことは現実には不可能だ。
だからこそ古今東西、漫画・小説・TV・映画という
夢を現実化できる世界で、数え切れないほどに
テーマにされて作品化されている。
だがそれでいて、いまだに
これが最高、これが究極、これこそがリアルリアルだと
万人を納得させる作品は出現していない。
リアルとドリーミイのバランス取りが難しすぎるのだろう。
ある意味で作品化、描写が不可能レベルな難題で
「最強論漫画」は永遠の夢永遠の夢なのかもしれない。
その最強論漫画への挑戦・証明のための手法として、
リアリティとドリーミイをいい感じにミックスして
凄くいい感じに魅せてくれているのが
原作・夢枕獏夢枕獏、作画・板垣恵介板垣恵介の「餓狼伝餓狼伝」だと思う。
矛盾した言い方になるがリアリティとドリーミイが
それぞれに充分に共存した漫画になっている。

空手・柔術・プロレス・ボクシングなどの
各種格闘技の(前記した条件を満たした)精鋭が
一同に会して闘うという
「現実にはありえんだろ」という世界を
小説(原作)や漫画だからドリーミイをある程度まで
魅せてくれている作品は他にも少なからずある。
「餓狼伝」もそういった、漫画だからこそ成立している
ドリーミイな面はあるし、その面での描き方も凄く面白いのだが、
それだけではない板垣先生ならではの上手い描き方が
「餓狼伝」では、なされていると思う。

添付画像は第三巻からの抜粋だが、
夜の公園で闘っている二人の攻防のポイントを
的確に判りやすくコマ割りして絵にしている。
そしてそれだけでなく、
「電灯が揺れる」
シーンを間に挿入している。
たった一つのコマではあるが、
普通に格闘場面を描き、そこにリアリティを強調しようと
だけ考えたら、なかなか揺れる電灯のコマなんて
この流れの中に挿入出来ない、描かない。
だがこの一見、たいした意味のなさそうな一コマで
単純に技に入り決める動作を連続写真的に
絵にするだけの漫画よりも、
投げ、電灯、絶息、手のクラッチという流れにすることで
リアルとドリーミイが判りやすく漫画として成立している。
こんな感じの、ただリアルを追求するだけの
絵やコマ割りだけではない、漫画手法としての
ドリーミイがあちこちに描かれている。
それはもともとの夢枕獏先生の原作にそれだけの
要素が詰まっていたのだろうけれど
それをまた板垣先生が上手く漫画化したんだな、
と感じている。

最強の男は誰か...

この作品は、連載雑誌のヤングジャンプヤングジャンプでも紹介されておりますが、『サムライうさぎサムライうさぎ』、『福島鉄平短編集 アマリリス福島鉄平短編集 アマリリス』など、有名な物語を描いておられる福島鉄平福島鉄平先生です。なので期待値も高く、その上、しっかりと期待通りの、否、それ以上の活躍をしております。
福島鉄平先生は、今まで、様々な『愛』をテーマにした作品を描いています。『ボクらは魔法少年ボクらは魔法少年』では、『自己愛』がテーマです。人間にとって、親や、他者を愛することも重要ですが、己を愛することもまたとても重要であります。それをもっと、沢山の方々に届けたい、私はそう思い、筆を執りました。
『ボクらは魔法少年』は、近年における、『かわいい』の新たな波動にとてもよく似合っており、見る者の心をぐっと掴めること間違い無しだと、私は強く、信じております。実は私 は、福島鉄平先生を、『ボクらは魔法少年』という作品で初めて知りました。『サムライうさぎ』や、『
福島鉄平短編集 アマリリス』もこの作品を知ってから学びました。そんな私が、今この作品を見ても、心の底から素晴らしいと感じているのです。福島鉄平先生と厚い信頼がある訳でもなく、今までの作品を読んできた訳でもなく、追っかけでもありません。まあ、これを証明する方法はありませんが。それでも、私は、今この作品を心の底から信じて、敬愛しております。
『ボクらは魔法少年』は、現在、多くの方々に支持されております。私もそうです。因みに、私の友達にこの作品の事を聞いたら、皆、もう読んでおり、私はかなり驚きました。話を戻します。この作品を支持しているのは、読者だけではありません。それは、担当編集の方もです。私は、担当編集さんまでもが支持しておられる作品なんて初めて知りました。担当編集様も、かなり感動しており、いつも、そのコメントを見る度に、私の期待値はどんどん増えていきます。そして、その期待はしっかりと、作品が受け止めてくれて、私もとても感動してしまいます。

以上を持ちまして、私は、重ねて、推薦させて頂きます。
最後まだお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

この作品は、連...

あらすじにある通り若手漫画家の男塾潜入ルポ漫画
最初の数ページで宮下あきら宮下あきらの「学帽政」のようなキャラを見ながら、男塾の話をしていたので、「な なんだかようわからんが猛烈に悪い予感がしてきた・・・・!!」なんて思ったが、そんなことはなく男塾の魅力を伝える傑作になっている。

男塾初期のネタの直進行軍/油風呂/竹林剣相撲/撲針愚/男塾一のインテリ 田沢を詰め込んでありむちゃくちゃ楽しめる。あらゆるコマで懐かしい気持ちになる素晴らしい漫画だ。

この漫画の面白さは魁!!男塾魁!!男塾をどれだけ読み込んでるかにかかっている部分が大きいと思うが男塾好きの俺にはたまらない名作。

おまけ漫画の戦吉兆占針盤ネタも最高だった

user_private
名無しナオミ

エレカシが好きなので、この漫画を20代の時に読みました。
当時は、今回のドラマで終わるであろう箇所までは楽しく読んでいたけど、後半がイヤでコミックは長年本棚の端に追いやってました。
でも、ドラマ化されるし、久しぶりに読んでみたら、面白い:bangbang:
何故50代のオバさんになった今になってそう思うのか、自分では分からないけど、受け入れられるようになりました。
コミック、手元に残しておいて良かった!
高校生の息子に読ませたら、どんな反応するかなぁ。