あらすじ

信乃は、底意地の悪いおば夫婦のもと、父が遺した名剣・村雨丸を守って武蔵大塚村で暮らしていた。村雨丸と信乃を守るため自刃した父・番作、鎌倉公方に仕え、村雨丸を番作に託した祖父の思いに応えるため、いつか村雨丸を主君に返さんと、信乃を慕うおばの養女・浜路や額蔵という下働きの少年の支えを頼りに耐えていた。だが、村雨丸を狙うおば夫婦は決してあきらめず、策略をめぐらす。信乃にも、そして浜路にも危険が迫っていた……!!