icon_reread
また読みたい
フォロー
モリロクちゃん~森さんちの六つ子ちゃん~(1)
大人が分かってないだけで、赤ちゃん同士は赤ちゃん語で好き勝手いろいろ話している…のかもしれない。そしてそんなふうに想像すると、ちょっと、たのしい。そんなふうな発想で生まれた『モリロクちゃん~森さんちの六つ子ちゃん~』。森さんちの六姉妹は、今日も赤ちゃん同士でぺちゃくちゃおしゃべり。この子たちったら、まだ生まれて数ヵ月だけど、とってもオマセなんですよ。かわいさ全開! にっこりほっこりショートショート。
モリロクちゃん~森さんちの六つ子ちゃん~(2)
大人びた会話をくり広げる、六つ子の赤ちゃんたち。森さんちのキュ~トな六姉妹が織りなす、ほっこり&ちょっぴりシュールな日常コメディ! お母さんに甘えたり、泣き虫だったり…子供だった頃の自分を思い出して、優しい気持ちになっちゃう場面も。
モリロクちゃん~森さんちの六つ子ちゃん~(3)
はじめて言葉が話せた日のこと。ママが読んでくれた絵本。パパと二人きりでお留守番した日のうれしさ。たくさんのキラキラした、宝物のような時間。だけど、私たちはいつか忘れてしまう。ひとつも忘れたくないのに。――パパとママ、猫のハルと暮らす、仲良し六つ子姉妹のにぎやかな日々。やさしくて、おかしくて、とびきりあったかい気持ちになれる完結巻!