【お知らせ】
自由広場には「自由広場に投稿されたトピック」が、クチコミトップには「作品・雑誌に投稿されたクチコミ」がそれぞれ表示されるようになりました。
マグメル深海水族館 1巻
マグメル深海水族館は、東京湾の水深200メートルにある世界唯一の水族館。ここでは、深海に潜む生き物たちを身近に観察することができる。清掃員のアルバイトとして働くことになった天城航太郎は、深海生物が大好きで、少し引っ込み思案な青年。ある日、館長の大瀬崎湊人に出会ったことで、彼の人生に変化が訪れる――。深い海の底で生きる深海生物たちの魅力とひとりの青年の成長を描く、心あたたまる物語が始まる。
マグメル深海水族館 2巻
マグメル深海水族館は、東京湾の水深200メートルにある世界唯一の水族館。ここでは、深海に潜む生き物たちを身近に観察することができる。清掃員のアルバイトとして働く天城航太郎は、館長の大瀬崎湊人の勧めで飼育補助員を始める――。なかなかエサを食べてくれないチョウチンアンコウや死ぬ間際のメンダコ、深海に戻れなくなってしまった野生のオンデンザメの救出など、さまざまな出来事が航太郎に降りかかる――。
マグメル深海水族館 3巻
マグメル深海水族館の多種多様な深海生物に会いに、今日も様々なお客さんがやって来る。ある日、小学校の写生大会で生徒たちを引率していた女教師が、オウムガイの展示の前で倒れてしまい……。一方、飼育補助員の仕事に慣れてきた天城航太郎は、お客さんの前で深海生物の解説を任されることになる。初の大仕事を控えて緊張する航太郎は、はたして人々に深海生物の魅力を伝えることができるのか――!? 深海生物と人々との交流に心あたたまる物語。
マグメル深海水族館 4巻
マグメル深海水族館では、深海生物を愛する様々な人が働いている。飼育補助員として働く天城航太郎にとって長泉湖は、頼れる先輩飼育員。いつも元気に働く彼女は、中学時代から深海に興味を持ち始めた。「いつか深海生物の飼育員になりたい」彼女が心に秘めた夢を初めて語った相手は、宇宙飛行士になりたい同級生で――。一方、航太郎は、ある日浜に打ち上げられたリュウグウノツカイを発見した小学生に出会う……。
マグメル深海水族館 5巻
マグメル深海水族館では、深海を守り、深海生物たちの魅力をお客さんたちに伝えるため様々な人が働いている。飼育補助員として働きはじめて1年経った天城航太郎。徐々に任される仕事も増えてきた一方、あらたな悩みも出てきて――。航太郎の先輩であり、いつも冷静沈着な由比朝陽も、かつて家族のことで悩み、飼育員を辞めようとした時期があった。そんな彼を救ったのは、医者である姉の一言で……。深海生物と人々の交流に心癒される物語、第5巻。インガンダルマ、キタユウレイクラゲ、ハゴロモコンニャクウオ、シロウリガイが登場!
マグメル深海水族館 6巻
「おいしい深海魚の話、いかがですか――?」マグメル深海水族館では、深海生物の命を守るため、様々な人が働いている。飼育補助員として働く天城航太郎の友人・堂ヶ島嵐は、レストラン・ラティメリアの見習いシェフ。「世界一美味しい深海料理を作る」という夢に向かって頑張っている――。だが、水族館内のレストランで、深海魚をさばき、料理するということで、時に葛藤が生じることもあって……。心が満たされる深海生物と人々の物語、第6巻!!
マグメル深海水族館 7巻
生きとし生けるものたちの「生」と「死」と――。マグメル深海水族館では、深海生物の生命を救うため、様々な人が働いている。飼育補助員の天城航太郎にとって初の後輩となる知波田涼が、清掃員のアルバイトとして働き始める。攻撃的な性格で、周囲に噛みつくように喋る涼は、航太郎がちょっと苦手なタイプ……。そんな涼に対して、獣医の春野出帆が伝えた「深海の真実」とは――。心揺さぶられる深海生物と人々の物語、待望の第7巻。
マグメル深海水族館 8巻
自分らしく生きていこう。海の底であるがまま暮らす、生き物たちのように――。マグメル深海水族館では、多種多様な深海生物と人々が自分らしく生きている。飼育補助員の天城航太郎の後輩で、高校生アルバイトの知波田涼は、これまでの人生において「本当の自分」であることを押し殺し、いつわりの姿で過ごしてきた。進路選択の時期を迎え、これからどう生きていくか模索する涼は、マグメルで働いたことをきっかけに一歩踏み出そうとするが……。心震える深海生物と人々の物語、第8巻!!