また読みたい
フォロー
保険加入者に告ぐ。(1)
「万が一の事故なんて、どうせ起きないでしょ」 高い安全性を手に入れた現代社会。人々は、万が一の備えである「保険」の必要性を感じなくなっていた。そんな中、不可解な事故に遭う人が増加していく。その裏には、事故を意図的に起こす保険会社の陰謀があった――。保険を軽んじる全ての人々への警告――戦慄の”保険サスペンス”開幕!!
保険加入者に告ぐ。(2)
「最近、嫌な事故が増えたね」シッポとトカゲの「意図的に事故を起こす」暗躍により、社会に危機意識が浸透していく。同時に、保険に加入する人々も増えていく――。そんな折、保険加入者以外の人間を事故に遭わせてしまったシッポ。その責任を追及され、2人は解雇の危機に陥ってしまう!! 解雇を回避するため、シッポとトカゲは上層部を「説得」する手段に出るが――。戦慄の“保険サスペンス”、社会が揺らぐ第2巻!!
保険加入者に告ぐ。(3)
「絶え間なく事故が起きる社会を実現する。」 シッポを監禁し、血を抜き続けるトカゲ。その目的は、人々の危機意識を高め、保険加入者を増やす事――!! 保険を愛するがゆえに暴走するトカゲ。テロリストと化した相棒を止めるため、そして愛する幼馴染みを守るため、シッポが最後に選んだ道は――!? 戦慄の”保険サスペンス”、社会崩壊の最終巻!!