icon_reread
また読みたい
フォロー
風をとどけて-盲導犬訓練士物語-
盲導犬を育成する訓練士を目指し、狭き門である盲導犬訓練士学校に通う若者、桃池あずさ(通称・チビ太)は、視覚障害者だった祖母のための盲導犬を自分が育てるという約束を果たすため、日夜格闘している。個性豊かな同期とクセの強い犬たちがおりなす、笑いと感動の物語。