お知らせ
現在、検索候補表示・絞り込み検索・無料マンガ画面にて障害が発生しています。ご迷惑をおかけしますが今しばらくお待ちください。【更新: 1/26(水)21:30】自由広場の検索が復旧しました。全面復旧は1/28(金)を予定しています。
艦隊これくしょん -艦これ- 止まり木の鎮守府1
これは、いずれ戦いに赴く艦娘の、ひと時の幸せを紡ぐ物語――。重巡洋艦・熊野が着任したのは、深海棲艦のいない特殊な海域。緊張感のない空気に染まってしまった鈴谷の姿に、熊野は苛立ちを隠せない。だが、この鎮守府は、特殊な使命を与えられていて……。
艦隊これくしょん -艦これ- 止まり木の鎮守府2
艦娘文化祭開催!秘書官・阿賀野の発案により準備が進められる艦娘文化祭。深海棲艦の現れない特殊な海域に存在する鎮守府で、艦娘たちは味わった事のない経験をそれぞれ楽しんでいた。そんな中、戦うことこそが艦娘の本懐として、訓練に励む霞に異変が──。
艦隊これくしょん -艦これ- 止まり木の鎮守府3
ついに迎えた艦娘文化祭本番!それぞれが初めての経験を楽しむ中で、以前この鎮守府から異動していった阿武隈も、文化祭を訪れる。「霞に会わせたい艦娘がいる──」その相手はかつての戦友、不知火で……。
艦隊これくしょん -艦これ- 止まり木の鎮守府4
野分と離れ離れになることを怖がる舞風。そんな舞風を見て、野分にも少しずつ変化が訪れる。一方、空を見上げることの多い荒潮を朝潮は気づかっていて……。それぞれの艦娘がそれぞれに己の過去と向き合っていく中、鈴谷にも来るべき時が訪れる。
艦隊これくしょん -艦これ- 止まり木の鎮守府5
本当の練度を隠していたことを能代に看破された鈴谷。能代の体当たりの説得を受け鈴谷は鎮守府に残る皆を信じ、旅立つことを決意する。そうして熊野が残った鎮守府に、最上型二番艦・三隈が着任し──。
また読みたい
フォロー