また読みたい
フォロー
「きもちいい? ナカ、ぬるぬるになってる」指と舌でとろとろにされ、溺れそうなほど何度もイッてしまうカラダ。抵抗しなきゃいけないのに、どうして拒めないの!? ――幼いころからずっと一緒だった2人の幼なじみ・春と湊太。無口だけど穏やかで優しい湊太が大好きだったのに、ある日突然、彼の結婚を知らされる。気持ちにケリをつけるため、最後にフラレてすっきりしようとお酒の勢いも借りて告白を決意。暗闇のなか、勇気を出して背中越しに抱きつき思い伝えたはずが、振り返った顔は…春!? 訂正する間もなく、勘違いした春に押し倒されて激しくキスされてしまう。「ドキドキしてる? それとも…怖い?」いつも知ってる明るい春が、なんだか知らない人みたいで…。幼なじみとの行き過ぎたこの関係、もう元には戻れないの?
「きもちいい? ナカ、ぬるぬるになってる」指と舌でとろとろにされ、溺れそうなほど何度もイッてしまうカラダ。抵抗しなきゃいけないのに、どうして拒めないの!? ――幼いころからずっと一緒だった2人の幼なじみ・春と湊太。無口だけど穏やかで優しい湊太が大好きだったのに、ある日突然、彼の結婚を知らされる。気持ちにケリをつけるため、最後にフラレてすっきりしようとお酒の勢いも借りて告白を決意。暗闇のなか、勇気を出して背中越しに抱きつき思い伝えたはずが、振り返った顔は…春!? 訂正する間もなく、勘違いした春に押し倒されて激しくキスされてしまう。「ドキドキしてる? それとも…怖い?」いつも知ってる明るい春が、なんだか知らない人みたいで…。幼なじみとの行き過ぎたこの関係、もう元には戻れないの?
「きもちいい? ナカ、ぬるぬるになってる」指と舌でとろとろにされ、溺れそうなほど何度もイッてしまうカラダ。抵抗しなきゃいけないのに、どうして拒めないの!? ――幼いころからずっと一緒だった2人の幼なじみ・春と湊太。無口だけど穏やかで優しい湊太が大好きだったのに、ある日突然、彼の結婚を知らされる。気持ちにケリをつけるため、最後にフラレてすっきりしようとお酒の勢いも借りて告白を決意。暗闇のなか、勇気を出して背中越しに抱きつき思い伝えたはずが、振り返った顔は…春!? 訂正する間もなく、勘違いした春に押し倒されて激しくキスされてしまう。「ドキドキしてる? それとも…怖い?」いつも知ってる明るい春が、なんだか知らない人みたいで…。幼なじみとの行き過ぎたこの関係、もう元には戻れないの?
「きもちいい? ナカ、ぬるぬるになってる」指と舌でとろとろにされ、溺れそうなほど何度もイッてしまうカラダ。抵抗しなきゃいけないのに、どうして拒めないの!? ――幼いころからずっと一緒だった2人の幼なじみ・春と湊太。無口だけど穏やかで優しい湊太が大好きだったのに、ある日突然、彼の結婚を知らされる。気持ちにケリをつけるため、最後にフラレてすっきりしようとお酒の勢いも借りて告白を決意。暗闇のなか、勇気を出して背中越しに抱きつき思い伝えたはずが、振り返った顔は…春!? 訂正する間もなく、勘違いした春に押し倒されて激しくキスされてしまう。「ドキドキしてる? それとも…怖い?」いつも知ってる明るい春が、なんだか知らない人みたいで…。幼なじみとの行き過ぎたこの関係、もう元には戻れないの?