11/02(月)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー
五百年目のマリオン(1)
1940年パリ。子供たちを率いて窃盗団まがいのことをして日々を食いつないでいたマリオン。そんな時、マリオンの唄声を聞いたひとりの男に「ジャンヌ・ダルクの役で舞台に立ってみないか」と誘われる。近づいてくる大戦の足音。激動の時代に少女の運命は飲み込まれていく。
五百年目のマリオン(2)
第二次世界大戦のさなか、軍靴の音が近づく1940年のパリ。歌手になるという夢をかなえるため「ジャンヌ・ダルク」の舞台を目指す15歳の少女・マリオンはある日、自分とそっくりな少女と出会う。ジャンヌに思いを馳せるもう一人の少女、そして舞台の裏に張り巡らされた、麻薬取引の陰謀。マリオンは、民衆に希望の歌声を届けられるか!? ひたむきに生きる少女の物語、完結!