icon_reread
また読みたい
フォロー
神様の贈り物
去年のクリスマス・パーティの時、ひとり壁際でぼんやりしていたまりの。そして同じくひとりで立っていた一仁。二人はお互いが気になっていたが、どちらも内気で気持ちを伝えられずにいた……。そんなある日、溺れかけた犬を助けに冬の湖に飛び込んだ一仁は――。切なくも優しいテンポで紡がれる恋の短編集。