icon_reread
また読みたい
フォロー
女冥利1994(1)
峰高3年・敷島佳央は元生徒会長。人望厚く成績優秀だが、恋愛未経験というのが唯一の欠点。ある日、佳央のおかしな噂が流れてしまう。そんな彼女の前に現れたのが、学園一のスケコマシ・2年の藤山硯一。「藤山の本命は元生徒会長!!」と、噂以上のウソをつく。
女冥利1994(2)
元生徒会長だが、相変わらず人望の厚い佳央。廃部寸前の弱小水泳部を再建するため立ち上がる。藤山も大会に向けて猛特訓。大会最後のリレーに勝てば、水泳部は存続。佳央は、アンカーの藤山に向かって「1位になったら何でもしてあげる」と叫び、会場は騒然!! 【同時収録】勝手に泣かせて