あらすじ

上野駅地下道では浮浪者の衣服や髪に生息していたシラミが媒介し発疹チフスなどの病気が発生し始めていた。そんな中、8人の戦争孤児たちに母親的存在の静子とその娘の啓子が加わる。優しいお母さんと啓子をなんとか感染症が蔓延する地下道から出してあげようと懸命に働く彼らだったが…!? 東京上野の闇市を舞台に8人の戦争孤児たちが終戦直後の激動の時代を生き抜く、感動の大河ロマン、第2巻!