icon_reread
また読みたい
フォロー
TOY’S(1)
お金もない、家もない――。東京の路上でよりそうそうに暮らす拓巳、智、和宏、真朝たち。タイトロープな毎日に青春を重ね合わせる彼らの見つめる先には何が!? 教会の孤児院育ちで自称神父様の智、手先が器用で盗みを得意としている拓巳、モデルガンをいつも肌身離さず持ち歩いている自殺志願者の和宏、毎日のように女の子と遊び歩いている真朝。何の共通点もない4人がなぜ一緒にいるのか。また、なぜ路上生活をしているのかは謎。雪の降るとても寒いある朝、拓巳が目を覚さますと和宏が高熱を出していた。智が薬を買いに行くと言って出かけていったが帰ってこなくなってしまい、一方熱で倒れている和宏は昔のある出来事を思い出していた――。
TOY’S(2)
路上生活の疲れか熱を出した和宏は幼い頃の母の死の記憶を辿る。そこに智の姿が…。二人の過去には何が!? 智と和宏の衝撃の過去が明らかに――。そしてあることがきっかけで5年前の未解決となっていた事件も再び動き出そうとしていた。椎名親衛隊の活躍(?)を描いた番外編も初収録!
TOY’S(3)
猫好きな司は学校の帰宅途中、猫が目の前で車に轢かれるのを見てしまう。悲しみに暮れ、その猫の死体を土に埋めようとしていたところに、カツアゲをしようとしていた拓巳に声をかけられ、一緒に埋葬することとなる。猫を轢いた車種とナンバーを見かけたら教えてほしいと頼まれる。しかしその後、海から沈没した車が引き上げられる。その車は、猫を轢き逃げした車と同じだった。そんな中、路上生活を続ける智、拓巳、和宏。見えない絆があるような彼等だが、智だけは衝撃の秘密を抱えていた…。未解決のまま止まっていた5年前の事件の犯人として和宏を連れて行こうとする警察。その警察から和宏を守ろうと智が精一杯弁護するも次々と論破され――。隠された和宏の秘密に刑事・田辺が迫る! 少年たちの「路上の幸福」は、はかなく崩れ去るのか?