icon_reread
また読みたい
フォロー
フラワー・ジェイル
物静かな性格の瀬名は専務の宮下に目をかけられ、若くして出世していた。栄転を妬む周囲の反応に瀬名は無関心だったが、着任した部署で新しく部下になった甲斐から、そのままでいいのかと指摘される。甲斐は一方で瀬名のことを綺麗だと言う…。甲斐の言葉に瀬名は心を揺らすが、そんな矢先、残業していたオフィスで何者かに襲われて――!!傷ついた瀬名に甲斐は「好きだ」と告げるが…。