icon_reread
また読みたい
フォロー
蜂蜜の味
幼い頃から自分の性癖に対する異常に確信があった慎也。一生隠し通す事を決めて彼女ができた矢先、同じ大学の男からの告白。「自分の性癖、気づいてんでしょ?」驚きと同時に安堵感。境界線に立たされた慎也。『解放』か『閉鎖』か?シリアスからラブコメまで書下ろしを含む6編+オマケを収録した待望の初コミックス!甘くてちょっぴりビターな児島ワールドへようこそ。