icon_reread
また読みたい
フォロー
昼下がりに悪夢
私は柿之本類子。デパートのアンティーク売場の担当で、そろそろ結婚を考える年頃……エリート主任の松浦さんとの仲も、着実に進行中。今度の休みには、私の家族との顔合わせ……それが問題アリなのです。何を隠そう、柿之本家は先祖代々の超能力一家。彼には絶対知られたくない!もう、異常なパワーのせいで、失恋したくありませんっ!!