あらすじ

「15歳の少女だった私には母親の中の“女”を理解できなかった」飛び出した故郷、母の死、懐かしい幼なじみの峻彦(たかひこ)。過ぎ去った日々が、芙由紀(ふゆき)に語りかける……。──表題作他、特別読切『想い坂で逢いましょう』収録。