reread
また読みたい
フォロー
小野寺玲緒奈、若干24歳、新人検事。たったひとりで迅速かつ公正に公租を行わなければならない。若い女性、老いた男、うつむきがちな美女、ウソぶく男……。さまざまな被疑者たちに対して玲緒奈、奮闘!!
小野寺玲緒奈、もう新任検事ではない。凶悪犯罪、少年犯罪、痴情犯罪……あらゆる被疑者と対峙していいかなければならない。そこには男も女もない。ただ真実だけを見つめつづけるひとりの検事・玲緒奈だけがいる!!
小野寺玲緒奈、検事になって2年。検事の宿命ともいえる転勤で、家族と離れ、同僚とも別れ、独り暮らしを始めることに……新しい赴任先で起こる数々の難事件、そして初めて立つ公判。さあ本領発揮だ玲緒奈!!
小野寺玲緒奈、職業、検察官。北陸の地方都市で強盗殺人事件発生!!被害者は地元でも有名な悪徳業者で、容疑者の家庭事情から世論の同情が集まる。窮地に立たされた玲緒奈は!?
小野寺玲緒奈、検事。あらゆる犯罪に対し冷静な判断を求められる。が、今回は幼児虐待事件を担当することになる。自白する母親。しかし本当に母親が我が子を手にかけたのか?玲緒奈の決断は…!?
小野寺玲緒奈、敏腕検事。小さな事件から殺人事件まで、真実を求め続ける玲緒奈が検察庁内で人質になる。犯人は元検事。冤罪を晴らすための凶行というが、人質4人の命が危うい!!玲緒奈のとった手段は!?
小野寺玲緒奈、職業、刑事部検察官。放火、殺人、窃盗……さまざまな被疑者と対峙するが、ある必然から特捜部検察官へ。そして担当する事件の敵側弁護士は父親の小野寺弁護士であった。父娘が敵同士……!!
小野寺玲緒奈、職業、特捜部検事。汚職、脱税など国家に巣食うガンを切除する外科医。玲緒奈が担当する事件は拡大の気配を見せている。そして玲緒奈には別の悩みも……。女検事・玲緒奈、ついに完結!!