icon_reread
また読みたい
フォロー
不二夫のギャグありき(1)
『天才バカボン』でおなじみ、ギャグまんがの王様と謳われた赤塚不二夫の、知る人ぞ知るギャグエンターテイメントな一冊!競馬に負けてばかりの父・トウショウボーイ、UFO大好き学生・アダムスキ、お色気娘・アンネ、強すぎる母親・ハハ、犬の綱吉(つなよし)、犬(綱吉)そっくりな息子・ケン、いい味出してる黒子たち、彼らが巻き起こす面白おかしい日常を描く!電柱にオシッコ、投げられた棒は追いかけてキャッチ、スゴイ嗅覚、なぜか犬の習性を持ってるケンは自分の父親が誰だか気になるが……!?
不二夫のギャグありき(2)
ギャグまんがの王様と謳われた赤塚不二夫の、知る人ぞ知るギャグエンターテイメント第2弾!釣りをしていたトウショウボーイに話しかけてきたおじさんは、やたらとおしゃべり…と思ったら、これはテレビの撮影だった。おじさんは台本で出てくるミミズを避けるために、おしゃべりでごまかそうとしていたのだ。おじさんは貧乏な家族に説得されて大嫌いなミミズを出すと、それはビックリの巨大ミミズ!しかも、それを食えと言われちゃって……!?