闇金ウシジマくん外伝 浪花タイムリープ愛沢くん

やみきんうしじまくんがいでんなにわたいむりーぷあいざわくん
やみきんうしじまくんがいでんなにわたいむりーぷあいざわくん
闇金ウシジマくん外伝 浪花タイムリープ愛沢くん
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『闇金ウシジマくん外伝 浪花タイムリープ愛沢くん』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
闇金ウシジマくん外伝 浪...
闇金ウシジマくん外伝 浪花タイムリープ愛沢くん
真鍋昌平
真鍋昌平
サササニサトシ
サササニサトシ
あらすじ
かつて無類の凶悪ぶりで恐れられていた暴走族総長が過去のナニワに転生して大暴れ!! 目を覚ました場所は大阪。 時は1990年代。 トラックに飛び込み、凄絶な最期を遂げたはずの愛沢浩司は、時空を超えて生き延びていた。 折しも暴徒と機動隊の乱闘中。 持ち前の腕っぷしで混乱をかいくぐり、愛沢がたどり着いた先は西日本有数のドヤ街だった。 その地で巣くうのはヤクザ、シャブ売人、元犯罪者…… かつて爆音街道を制した暴走族総長は生き残れるのか!?
闇金ウシジマくん外伝 浪花タイムリープ愛沢くんの情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。

おすすめのマンガ

人のために働く

人のために働く

生きる、働く、誰かと向き合う―― 価値観を揺さぶる、渾身意欲作!! 不登校、出社拒否――100万人超が家に引きこもる、令和日本。 多くの人が“内”へと向かう現代に「働く」意味を改めて問う――!! 第88回小学館新人コミック大賞[青年部門]大賞受賞。 審査員が絶賛した稀代の才能が、静謐な筆致で真摯に描く、異色の感動作!!

化け猫あんずちゃん 風雲編

化け猫あんずちゃん 風雲編

2006~2007年まで「コミックボンボン」で連載した、いましろたかしの『化け猫あんずちゃん』。その続編が令和の今、開幕! 南伊豆・池照町にある草成寺で拾われた一匹の猫。30年経ったらなんと化け猫になっていた──。そんなあんずちゃんが3億円の宝くじを当てて、穏やかな町に“嵐”が巻き起こる…! アニメ映画がカンヌやアヌシーという名だたる国際映画祭を席巻した『あんずちゃん』の魅力を、続編でも堪能できること間違いなし!!

GALAXIAS

GALAXIAS

最高権力者“竜王”暗殺から十数年。尻尾の生えた能力者“竜人”たちが暮らす王国の片隅で、人間の少女・ジオは冒険の日々に憧れ、田舎暮らしの現実を儚んでいた。しかし、記憶を失った不思議な青年・ネレイドと出会ったことで、ジオの人生は一変!勇気と好奇心が扉をノックした時、「最高の冒険」が二人を待っている!!マガジン新世代ルーキーが描く、王道バトルファンタジー開幕!!

ケモノクニ

ケモノクニ

<隔週水曜更新>人間が獣人の奴隷として虐げられる世界で、海獣と闘うための兵士として生まれ育った少年・灰茶。いつ死ぬかもわからない地獄の日々を孤独に生き抜いていた。そんな幼き少年が理不尽な世界であがく、下剋上バトル始動!

れむ a stray cat

れむ a stray cat

国が作った制度が人の繋がりを裂いていく。 名匠が高齢化社会に潜む闇を斬る本格クライムサスペンス。 あの震災で生き残った母と娘。ただ一緒にいられるだけでいい、二人の切なる願いを国が作った後見人制度が壊していく。認知症の始まった母の後見人をある弁護士が務めることになったのだ。弁護士の真の狙いとは!?また娘から転居の相談を受けたれむの進んで行く道とは!?

吉原の描き虫

吉原の描き虫

舞台は江戸中期。本屋の一人娘・お文は、大人顔負けの画力を持つ少女として評判になり、「描き虫」と呼ばれていた。 絵と物語を合わせた「黄表紙」という文芸が大好きで明るい性格のお文だったが、 かつて遊女だった母親と生き別れてから寂しい思いを抱えていた。 ある日、本屋を襲った事件をきっかけに、たった一人で母親を探しに吉原遊郭へと足を踏み入れ――!?

甘くて辛くて酸っぱい

甘くて辛くて酸っぱい

「さめない街の喫茶店」はしゃ先生が描く、大人の遊びゴコロくすぐる日常グルメコミック! レモンに砂糖をかけると酸味がまろやかになるように、味には相互作用がある。 強い甘味に酸味を加えるとさっぱりしたり、甘みが辛みを引き立てることもある。 一方を際立たせたり、抑えたり、はたまた双方の味を相乗させたり。 これって人間関係にも言えるかも!? 甘地(あまじ)、辛島(からしま)、酢谷(すや)と、アラサーで「味」な苗字3人が織りなすのは、楽しくて美味しいセカンドハウスライフ!

大江戸お絵描きおじさんウタクニ

大江戸お絵描きおじさんウタクニ

時は江戸後期。浮世絵師・歌川国芳は「武者絵の国芳」として、その名を馳せていた。版元にはとにかく売れる絵・武者絵ばかりを求められる国芳だったが、実のところ本人は大好きな猫の絵を描きたくて仕方がなかった。そんな折、不思議な喋る板・令和時代のスマートフォンを手に入れた国芳。それ以降、SNSにハマってしまって…!?