「好き」と言って。
不器用で負けず嫌いな優介(ゆうすけ)と、何でも器用にこなし、誰もが認めるいい男の剛(ごう)は幼馴染。いつだって一歩先ゆく剛に劣等感を抱く反面、そんな剛に懐かれている自分は居心地がよかった。でも、その心地よさに浸っていてはいけないとも感じていた。ずっと隣にいるのに、肝心なことは何も伝えられていない気がする。そんなふたりの関係は、高校の卒業をきっかけに大きく変わり始め…。「ほんとうはあの時 俺に なんて言って欲しかった――…?」 8年ぶりに再会した、言葉足らずな大人ふたりの“あの日”の答え合わせ