ジライ(1)
鬼才・乾良彦が描く、まったく新しい時代劇剣戟アクション!冥府魔道の闇に蠢く人斬りの悪党たちを捜し求めて、一人荒野をさすらう男……その名は「ジライ」……彼の右手は、岩をも砕くといわれる「幻夢黒手刀」。その刀はしかし、斬られた者が夢に抱かれて死んで行けるという……悪と善、黒と白が交錯する冥府魔道の闇を「ジライ」が斬る……時代劇漫画の未来を担う、新感覚のスーパーアクションロマン第1巻!!
ジライ(2)
異才・乾良彦が描く、新鮮にして画期的なアクション時代劇漫画。冥府魔道の闇をさすらう冴えない風来坊姿の一人の優男……彼は、常に生と死の狭間で「夢」を大切にしている……しかし、彼の本来の姿は、人斬りの極悪どもを葬る「斬り捨て屋」の隠密御庭番。そして、その右手は、岩をも砕く「黒手刀」……正と悪、義と邪、白と黒の世を「ジライ」が斬る。斬る。斬る。叩っ斬るッッ第2巻!!
ジライ(3)
異才・乾良彦が描く、新鮮にして画期的なアクション時代劇漫画。時は幕末。逝き場をなくした人斬りを斬る役目を担った「斬り捨て屋」ジライ。詳しい素性は不明……唯一の特徴は、右手に岩をも砕く黒手刀を携えているということ。……いつの世も、己の心の闇にだけ生きる外道がいる。己の不甲斐なさを棚に上げて、社会や他人にばかり責任転嫁する馬鹿者を、ジライが斬る。斬る。斬る。ブッた斬る第3巻!!
ジライ(4)
幕末を駆け抜けた名も無い者達が贈る剣豪アクション物語。師から教え子へと……受け継がれる剣のワザ……大切な事は、「見る事」と「知る事」……どんなに磨かれた刃でも、納める鞘がなければそれは……若き獅子の旅立ちに運命は大きく動き出す。行く手には、友の命を自らの手で奪う残酷な運命が……その道に向かってジライが行く。行く。行く……行かねばならぬ!
ジライ(5)
斬り捨て屋ジライ。彼がジライと名乗る前の話……友・和馬より、妹・凛を「斬月」という人斬りに殺されたと伝えられる。その友もまた不意の事故により失う。斬月の元へと向かったジライ……斬月を倒し復讐を遂げるが、自らも人斬りの心に取り込まれてしまう。師である雷蔵の体を張った行動により改心。そして、死んで行った者たちのためにも強く生きて行こうと決心したジライの旅が始まる……