あらすじ

遠い日の記憶が、冷えた心を癒やす時、見える真実とは――あるところにジルナヴィアという王国がありました。その国に建つ大きなお城に、王様のザイルードとお妃様のルシャナが、たくさんの家来を従えて住んでいました。ある時ザイルードはこの世界の神アゼラザルと“ある契約”を結びました。その契約はある代償を支払い、神との約束も守り続ける代わりに、富と生活の約束をされました。しかしザイルードには1つどうしても思い出せない記憶があり…?残忍な王様と、慈愛に満ちた妃の切なく荘厳なブラックファンタジー