となりの秋とは関わらない(1)
再会からはじまる拗らせ純情ラブ!!!「イケメン、必ず裏がある」が持論の添谷卯月は、愛猫の寿々丸とささやかながらも平穏に暮らしていた。卯月は、寿々丸との生活を守るため、契約社員から正社員登用の話を受けることに。しかし業務は想像以上に厳しく、寿々丸も体調を崩してしまう。仕事か愛猫の選択肢を迫られたとき、となりの部屋の男性から声をかけられる。それは卯月にとって忘れたくても忘れられない、トラウマを植え付けた男・山田秋だった。それ以降、何かと卯月を構う秋。卯月は、関わらないと心に誓うが…?
となりの秋とは関わらない(2)
「イケメン、必ず裏がある」が持論の添谷卯月。隣の部屋に住む山田秋とは関わりたくなかったけれど、一緒に過ごす時間を通して”友達として”の関係を築くことを決意する。そんなある日、会社に新しく入ってきた秋の大学の同級生・柳舞海が、猛アタックを秋に仕掛ける。秋は相手にしていないようだが、徐々に疲れを見せはじめ、ついに風邪をひいて会社を休んでしまう。卯月はそんな秋を放っておくことができず……?もどかしい二人の関係が少しずつ動き出していく、第2巻!
となりの秋とは関わらない(3)
「私…恋愛してもいいのかなぁ?」秋の告白から逃げ出してしまった卯月。だが、馬場からのアドバイスをきっかけに自分の恋心、そして彼との過去と向き合うことを決意する。2人が出した答えとは――?再会から始まるラブストーリーついに完結!