太陽伝(上)
「おお…、太陽を中心に、ひときわ輝く星々が見える! 太陽とは太陽神の子であり、輝く星々は幾人かの勇者たちである。そして彼らは、やがて大平原の王者 となるであろう!!」――部族の呪術師による予言のとおり、混沌の原始大陸に降臨した太陽神の子・ボボは、デカ、チビ、ムササビ、ケモノ、ヨガ、コチョウ、地ネズミ、ホテイといったフリークアウトな勇者たちと共に、幻のユート ピアを求めて旅立つのだった…。壮大なスケールで描かれた「太陽伝」は、日野日出志が挑んだ初の長編作品であり、氏の《死生観》や《宗教観》が最も色濃く出た異色の立国物語である!!
太陽伝(下)
抗争、暴力、殺戮…!! 混沌の原始大陸に降臨した太陽神の子・ボボは、かの地を統一すべく《太陽の昇りし国》を目指して旅立つのであった…!! ホラー漫画界の巨匠日野日出志が挑んだ《闇の建国伝記》。単行本未収録部分も補完した完全版が堂々復活!
また読みたい
フォロー