あらすじ

「一度捨ててしまった想いは、もう二度と戻らないのだろうか――…」 大飢饉の折、掟によって息子の手で“姥捨山”に捨てられる老婆。死を前にして、老婆は旅の僧に自らの過去を語る。彼女の後悔とは。そして長年心に秘めてきた、衝撃の事実とは。愛と感動のストーリーです。