icon_reread
また読みたい
フォロー
ひぐらしの哭く頃に 雀 燕返し編 上
昭和58年6月、雛見沢村に越してきた前原圭一は仲間との平穏な日々を満喫していた。そんな中、麻雀と出合った圭一はその魅力に嵌っていく。しかし、雛見沢村に起こる怪死事件の謎や麻雀での連敗が、圭一の心を蝕み始める…。この敗北は、陰謀か偶然か、それとも祟りなのか…?麻雀牌を握ったときから、平穏な日常が狂い始めた――。麻雀は疑心暗鬼を生み出すゲーム。「近代麻雀」×「ひぐらし」新たな“カケラ”がここに――。
ひぐらしの哭く頃に 雀 燕返し編 下
麻雀牌を握ったことから、狂い始めた平穏な日常――。麻雀が生み出す疑心暗鬼は、圭一の心を蝕み、雛見沢症候群は加速の一途を辿る。すべての元凶は、陰謀か偶然か、それとも祟りか…。膨らむ仲間への疑い、露わになる敵意…。そしてついに、最後の麻雀大会が開かれる――。「近代麻雀」×「ひぐらし」無二の“カケラ”ここに完結!!