あらすじ

「好きだ 大好きだ―― でもそれを口に出すことはできない……」熊型の『獣人類』・玄蔵は、臆病で甘えたがりな性格とは違い、身体が大きいことがコンプレックス。そんな玄蔵を「可愛い」と言ってくれた人間の久士のことを、玄蔵は子どもの頃からずっと好きだった。久士も玄蔵をかわいがってくれて、成長した今も2人は兄弟のような関係を続けていたが、『獣人類』の特性ゆえに玄蔵は自分の気持ちを隠していて――。