アラフォー女の重たい未練~婚活せずに元カレの息子を寝取る~
10代の頃、愛し合っていた男――彼は最後に会ったとき札束を持って、「これで別れてくれないか」と言った。許嫁者との結婚を、反故にはできないのだと…。彼の家族とは関係を一切持たず長い時間が経ったが、ある日彼の家にいた人影を見て、思わず足を止めてしまう。そこにいたのは、彼にそっくりの彼の息子・春明だった! 私と“彼”との時間が、再び動き始める……
また読みたい
フォロー