また読みたい
フォロー
夏が近づいてきた頃、泳太はいつも通り小秋の見舞いのため、海沿いの病院へと赴く。昔から体の弱かった小秋は、浅い関係のまま付き合い続けていることに負い目を感じていたが、泳太は十分に深く付き合っていると信じていた。そんな中、小秋とよく似た雰囲気を持つ彼女の従姉妹・夏澄と出会い、泳太の心は揺れて…。峰浪りょうが紡ぐ恋と欲望の物語!!
大学生・泳太は、彼女・小秋から遠ざかり、その従姉妹・夏澄の肉体に溺れきっていた。しかし、夏澄の態度は徐々に冷たくなっていく。暴走する肉欲を抑えきれず、バイト先の同僚・菜々をその捌け口とする泳太。さらに泳太は、知り合ったばかりの大学生・佐保とも体を重ね…。花火のように鮮烈で儚いひと夏の恋と欲望、衝撃必至の完結巻!!