icon_reread
また読みたい
フォロー
情熱の一夜の忘れ物~敵対する彼の腕に抱かれてしまった結果…~
ミーガンは家族を捨てて愛人と出奔した母を反面教師に、女性らしい楽しみも恋愛もせず、父の経営する会社で仕事に没頭していた。だが父はそれを認めようとせず、むしろ「おまえはあの女の娘だ」とレッテルをはり、敵対する大富豪ダリオ・デ・ロッシを“誘惑しろ”と命令する。しかし慈善パーティ―で彼に会った瞬間、ミーガンの頭から父の言葉は消えた。そして情熱の赴くまま身も心も彼に捧げてしまう。それが、自分の大事な物を失うことになろうとは思わず――。