icon_reread
また読みたい
フォロー
ぼくのワンピース(上)
「お手持ちのもっとも派手で華やかな美しい衣装」。そんなドレスコードを受けて、思い思いに着飾って松本の高原ホテルに集まったのは、大学の同級生を中心とした佐原真人の友人たち。今日は彼のお別れ会=告別式だった……。自分は「何者」なのか。悩める神鳥谷等が佐原真人と出会ったのは、その七年前のことだった……。
ぼくのワンピース(下)
「俺、そのうち死ぬ」真人の告白に、揺れる等。七年後の真人のお別れ会=告別式で、等は、ふたりで出会った人々と再会する。泣いてはいけない会。ーーなんで真人はこの会をしたがったのか……。ずっと「迷子」だった等がみつけたものとはーー!?