また読みたい
フォロー
甘く切なく擬(もど)かしい、ふたりの長い夏の前日。――日吉ヶ丘(ひよしがおか)芸術大学4年生・青木哲生(あおき・てつお)。月下(げっか)画廊店長で、和服が似合う大人の女性・藍沢晶(あいざわ・あきら)。突き動かされるように体を繋げた一夜から、激しくも拙い恋愛が始まる――。
ふたりだけの空間、ふたりだけの時間。自由だが自由に描けない美大生・青木哲生(あおき・てつお)。本気だが本気にさせない和服の美女・藍沢晶(あいざわ・あきら)。言葉も、身体も、心も、すべてが心地いい二人の関係。そんなふたりに気になる女性が現れた――。
絵を描こうと思う。いや、絵が描きたい。――自分が何をしたいのか分からなくなり、画が描けなくなっていた美大生・青木哲生(あおき・てつお)。美大予備校の講師バイトをしたことで、夢中で絵を描く学生にふれ、再び絵に向かう。ヒントは「はなみ」。彼女を見ていると、良い絵が描けそうな気がする――。
それは、ある日突然だった。「はなみ」が、森の彼女、小早川華海として現れた。戸惑う哲生の心の壁を、あっけなく越えてくる。晶がしてくれたように、晶にやさしくしたい、晶のことだけを考えていたい、はずなのに――。
華海(はなみ)は簡単に涙をながし、「哲生(てつお)君が彼氏だったらよかった」と哲生に言った。晶(あきら)は決して泣くことはなく、「じゃあ、またね」いつもそう言って、哲生を見送った。孤独に満ちた哲生を愛した晶と、そのやさしさに応えたかった哲生。それは永遠の片思いのような恋――。ふたりの長い夏の前日、終幕――。