icon_reread
また読みたい
フォロー
野良猫は愛に溺れる
大学時代に事故で両親を亡くした環。住まいから学費まで面倒を見てくれたのは、サークルの先輩・鷹藤だった。しかし、環は恩と愛を感じながらも「御曹司である彼に自分はふさわしくない」と彼と離れる決断をする。そして三年後――。環の前に、突然鷹藤が現れる。さらに彼は「俺の愛人になれ」と不埒な命令を告げてきて…!?