また読みたい
フォロー
彼と別れて帰ってきた夜、玄関のベルか鳴った。ドアを開けるとそこには、学生時代から忘れられなかった彼が立っていて! 偶然宅配便の仕事で訪れた彼と恋が再燃して──。※本作品は、他コンテンツに収録されている場合がございます。重複購入にご注意ください。