あらすじ

現代日本より異世界に転移した少年ナツキ・スバルを主人公とする『Re:ゼロから始める異世界生活』。その第三章で五十メートルほどの巨躯を持つ魔獣・白鯨に悠然と立ち向かった老剣ヴィルヘルム・ヴァン・アストレアは、執事でありながら「剣鬼」の名で知られている。彼は何をして鬼の名を冠することとなったのか。そして、いかにして先代の剣聖テレシア・ヴァン・アストレアの夫となったのか。彼がまだ十五歳の少年ヴィルヘルム・トリアスであった頃から、この激動と剣戟の物語は始まる――。