あらすじ

「美しすぎて、なんや目も眩む気ぃするわ」「先生? 小汚い子狐ですよ?」引きこもりの漫画家に、アシスタントが世話を頼んだのは子狐。けれど、漫画家には儚げな絶世の美少年に見えるらしい。それは『恋』のしわざかも…v 誑かされたのは人間? それとも神のお使い狐? 平凡な日常に散りばめられた摩訶不思議事。