また読みたい
フォロー
切って捨てたセフレは星の数ほどと豪語するチャラ男の主人公。そんなんじゃいつか痛い目を見ると周りに諭されても、気にする様子はまったくなく、今日も飲み明かす日々。いい気分での帰宅途中、ふいに意識が遠ざかる。目を覚ますとそこには見知らぬ男たち、ワケの分からないまま襲われ、凌辱され、もうメチャクチャ…。「これからあなたは求められたら誰とでもSEXしなければいけません。」性処理なんたらかんたら法案の対象者に選ばれたと語るメガネの男に、印だとお尻に押されたハンコ。その日から、彼の壮絶なお尻逃走生活が始まる…!