また読みたい
フォロー
大日自動車総務部総務課の山口六平太は一見、うだつの上がらないサラリーマン。だが、本当はどんな難問も解決するスーパーマンだ。とぼけた顔とたばこクルッの秘技を持つ六平太。今日も何でも引き受けます!総務という会社の要に所属する六平太の姿を通し、どこにでもある日本の会社社会の姿を描いた、サラリーマン傑作マンガ!!
販売の社員3人が、釣りにでかけて遭難してしまった。救助に駆け付ける有馬係長と六平太だったが、口の悪い有馬係長は、漁業共同組合の人、警察官など周囲の人とことごとくケンカを始めてしまう…。
経費削減のため、社内のトイレットペーパーの質を落とした総務部だったが、いつもは温厚な砂子販売部長が抗議にやってくる。たかが、トイレットペーパーというなかれ、実は砂子部長には人にはいえない事情があった…。
人事異動で、「恐怖の桃ちゃん」こと宮本桃子が総務にやってくることに。テキパキ仕事をこなす桃子に総務のメンバーはたじたじ。頭ガチガチのおもしろ味のない女と評価を下す有馬係長だったが…。
営業一課の久米が忘年会に参加しないので、補助金のひとり分をもらいたいと総務にやって来る。久米はその金をスキーに行く足しにしたいというのだが…。
社長の様子がおかしい。どうやら、昨晩大株主の金森老人と口論したようだ。庶民の気持ちを忘れた社長に、金森老人が喝を入れたのが原因らしい。社長改善の大役を老人に任された六平太だったが…。
大日自動車創設期の写真を見る総務課の面々。今度の社内報のテーマは「大日イズム」、そのために大日の過去を振り返るために六平太が社長から借りたのがその写真だった。
社員名簿の写真があまりに古いので、撮り直そうということになった。だが、女性社員は古い写真のままでいいという。そこで、メイクアップアーチストを会社に呼ぶことにした。モデル第1号は総務部の村木。いつもさえない彼の変身ぶりが見もので…。
1階ロビーの応接コーナーが暗いという苦情が出た。隣のビルの影になってしまうからだ。展示コーナーを移動させれば、なんとかなりそうだが、その担当はうるさいことで有名な販促部長の山本だった。
クリスマスシーズン到来。六平太は久米から譲り受けた、フランス料理店とホテルの予約を片岡に譲る。ところが、イヴ当日、片岡は仕事を申し付けられ、待ち合わせ場所に遅れてしまう。