エコール・ド・プラトーン(1)
【大正文士の青春群像劇】川口松太郎 23才、直木三十五 32才、芥川龍之介 31才、菊池寛 34才、谷崎潤一郎 37才、小山内薫 42才。『文藝春秋』創刊の年、若き文人らの眩き軌跡―― 一九二三年(大正十二年)九月一日、未曾有の大地震が関東一円を襲う。死者十万五千人、家屋全壊訳十万九千、全焼二十万二千余棟…出版社や本屋が集中していた神田周辺も壊滅的な被害を受けた。失われた書籍は数百万冊にのぼり、この年に創刊された『文藝春秋』もその例外ではなかった。一方『大大阪』の呼称で親しまれ、当時人口で東京を凌駕していた大阪は、モダニズム文化が花開いていた。その代表とも言われるプラトン社の雑誌『苦楽』を創刊すべく、その後の文学界を担う文士らが集うのであった。現代演劇の祖とも言える新劇を立ち上げた小山内薫。小山内を師と仰ぎ、後に第一回直木賞を受賞する川口松太郎。松太郎と共に雑誌『苦楽』を創刊。後に小説家として大成し直木賞として名を残す直木三十五。夏目漱石亡き後の新時代文壇のキラメキ、若き文士らの交流と奮闘する姿を描いた大正文士浪漫。
エコール・ド・プラトーン(2)
近代日本文化誕生の裏面史! 「anan」「Hanako」にて書評掲載! 大正モダンを華麗に活写する近代日本文学誕生秘話。大正時代末―― 大阪のプラトン社に集いし者たちが日本文化の新境地を開く! 各話末に作者による追補テキストに加え、巻末には大正・乙女デザイン研究所所長の山田俊幸による解説「パリ・アール・デコ、シベリアを駆ける」を収録。【あらすじ】関東大震災の約三ヶ月後、一九二三年(大正十二年)十二月、中山太陽堂(現クラブコスメチックス)が興した出版社「プラトン社」は『文藝春秋』に遅れること一年、直木三十五と川口松太郎を編集者に迎えて雑誌『苦楽』を創刊した。執筆陣は谷崎潤一郎や菊池寛が名を連ね、後に資生堂の「花椿マーク」を生むデザイナー山名文夫や、スター挿絵画家として名を馳せる岩田専太郎も参画した。大正末期のモダニズムを体現し、若き才能を多く輩出した「プラトン社」を舞台に描かれる日本近代文学勃興の裏面史。これにて完結。【登場人物】 岩田専太郎 22才(昭和の挿絵画家、第一人者) 川口松太郎 24才(第一回直木三十五賞受賞) 直木三十五 33才(直木賞として名を残す文人) 小山内薫 43才(日本現代演劇/新劇の祖) 山名文夫 26才(日本デザイン伝説の先駆者) 国枝史郎 36才(怪作『神州纐纈城』の作者)
また読みたい
フォロー