もう二度と食べることのない果実の味を

藤峰やまと

ふじみねやまと