僕は何度でも、きみに初めての恋をする。

沖田円