イイ子レベルは先生次第【短編】
乙輝潤